新着記事

中高齢寡婦加算

遺族基礎年金:子が18歳を超えるとどうなる?

子のある妻が遺族基礎年金をもらっていたが、子供が年金上の子でなくなった場合、遺族基礎年金が受給出来なくなります。その時、妻の年齢が40歳以上65歳未満ならば中高齢寡婦年金が支給される。年金上の子、受給要件、中高齢寡婦加算の額を説明してます。
ライフプラン

会社員シングルマザー、お子さん1人のライフプラン作成|家計簿付き

会社員シングルマザー、お子さん1一人のライフプランを作成しました。実際の家計簿もつけております。ライフプラン作成後、母親の希望を実現するための問題点を明確化しました。その後、提案した改善プランも記載しております。私の経験談も書いております。
ライフプラン

老後の破綻を避けるためのライフプランの重要性と具体的なアプローチ

老後破綻を防ぐ為にライフプランを作成しましょう。今回、母のライフプランを作成しましたが、結果は老後破綻でした。これを回避する為に生活費等を見直しました。この見直しポイントも書いておりますし、ライフプラン作成時に最も大事なことも書きました。
障害厚生年金

障害厚生年金って何?

病気や怪我で障害者になった時の障害者年金について書いてます。公務員、会社員が障害基礎年金に使いして受給できる障害厚生年金について具体的な症状、受給条件、額を説明してます。障害基礎年金、障害厚生年金の額を把握すれば保険の見直しに活用出来ます。

iDeCo/NISA

iDeCo/NISA

ジュニアNISA!2021年からはじめてもお得なの?

ジュニアNISAを2021年に開始してもメリットはあるのか?ないのかを解説しております。令和2年度税制大網によりジュニアNISAは2023年を持って終了。2024年以降はジュニアNISAから払出をする時に課税をされないメリットが出てます。
ねんきんネット

老後資産形成のために年金ネットを確認しよう

老後資金や年金不安は大切な問題です。ねんきんネットを通じて現在の年金情報を確認し、将来の資金計画を立てましょう。年金払いたくないという方もいますが、情報収集を通じて冷静に判断しましょう。将来への備えとして貯蓄も検討し、不安を軽減しましょう。
iDeCo/NISA

ジュニアNISAに贈与税が掛かる?贈与税についての注意点を解説

ジュニアNISAが2023年に廃止される為、2024年以降払出には課税されません。これにより生前贈与でのジュニアNISAを活用し子供、孫に資産を作ろうと考えた両親、祖父母が増加。しかし、贈与税について注意が必要。そのポイントを解説しました。
ETF/投資信託

米国高配当株ETF入門

探求しよう、米国高配当株ETFの世界を!初心者から上級者まで役立つ分析、メリット・デメリットの解説、資産増加のコツを分かりやすくお届け。米国株への投資がもたらす機会と戦略を学びましょう。

贈与税

贈与税

暦年課税、相続時精算課税制度どちらかお得?について解説

贈与税を計算する際は暦年課税:控除額110万円、相続時精算課税制度:控除額2,500万円どちらを使用したら贈与税が少なくなるを説明。また、暦年課税について具体的に特例税率、一般税率についての説明も書いております。資産をお持ちの方必見です。
贈与税の配偶者控除

贈与税の特例:贈与税の配偶者控除解説と注意点

贈与税の特例の贈与税の配偶者控除解説と注意点について書いてます。夫婦間での相続は意識が少ないですが、夫婦間の資産は夫婦で協力し作成したこと、配偶者の老後生活を考えて居住用財産に関しては優遇措置があります。配偶者への相続をお考えの方必見です。
贈与税

贈与税の特例:相続時精算課税制度の解説と注意点

贈与税の特例の一つである相続時精算課税制度の解説と注意点を記載。資産形成は非常に重要です。その後、その資産をどう使うか、保持するか、そして、分配するかも重要です。子供・孫に贈与するとき暦年課税か相続時精算課税制度を活用するかを解説。
贈与税

直属尊属から住宅取得金の贈与を受けた場合の非課税の特例について解説と注意点

贈与税の特例:直属尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税の特例を書いております。父母・祖父母、直属尊属から住宅の購入や増改築のための資金贈与を受けた場合、一定の要件を満たすときは一定額までが贈与税が非課税となる制度です。

社会保障制度

ひとり親控除/寡婦控除

ひとり親控除、寡婦控除を解説。未婚のシングルマザー、ファザー必見

ひとり親控除、寡婦控除を解説します。令和2年にひとり親控除が新設され、未婚のシングルマザー、シングルファザーも控除の対象になるようにります。まだ知らいない人の多い制度です。確認いただきひとり親控除、寡婦控除のどちらかで所得控除しましょう。
加給年金

ご夫婦なら追加で貰える年金があります。

年齢差1歳以上の夫婦は加給年金が貰えますが、加給年金は老齢厚生年金とセットの為、老齢厚生年金を繰下げると加給年金は受給できません。老齢厚生年金を繰下げて受給した方が良いか、年金を繰下げず加給年金を受給した方が良いか実数を用いて解説してます。
中高齢寡婦加算

遺族基礎年金:子が18歳を超えるとどうなる?

子のある妻が遺族基礎年金をもらっていたが、子供が年金上の子でなくなった場合、遺族基礎年金が受給出来なくなります。その時、妻の年齢が40歳以上65歳未満ならば中高齢寡婦年金が支給される。年金上の子、受給要件、中高齢寡婦加算の額を説明してます。
年金繰上げ・繰下げ

年金法大改正の「年金繰上げ・繰下げ」変更点について解説

年金法大改正で年金繰上げ・繰下げに変更あり。老齢基礎年金受給要件、老齢厚生年金受給要件、繰上げ・繰下げ、年金法大改正の変更点について説明をします。今回の変更で75歳までの間にいつ年金を受給するかライフプラン作成する時の注意点も解説します。

保険見直し

低解約返戻金型終身保険

死亡保険見直しで損をしたくない

保険の見直しにて返戻金が返ってくる商品があります。しかし、商品によっては解約時期によって返戻金が少なくなる製品:低解約返戻型終身保険についてどの様に解約すれば損をしないかを解説。同時に新NISAにて返戻金を運用した時のリターン額も解説。
低解約返戻金型終身保険

低解約返戻金型終身保険解約金に掛かる税金の仕組みと対策方法

保険の見直し方法を解説。今回は低解約返戻金解約時には所得税、贈与税のどちらかの税金負担が必要になる事について解説。解約返戻金が所得税と贈与税の対象になる仕組みや税率について詳しく説明し、具体的な低解約返戻金シュミレーション(解約時)も示します。
学資保険

学資保険おすすめしない理由|見直し実体験

実体験から学資保険はおすすめしない理由について書いております。学資保険保険料を支払い初めて年月がまだ少ない方は解約をして、ご自身で投資信託へ回した方が多くの学費が作れる可能性があるかもしれません。学資保険に入らない理由を解説してます。
個人年金保険

個人年金保険に入る必要性ある?

個人年金保険は長生きに備えた公的年金への上乗せや、公的年金を受取るまでのつなぎの年金として考える方が多いと思います。元金割れしない、返戻率が高い、保険控除がある、など言われますが、新NISAと比べて本当に必要なのか?を解説しております。
スポンサーリンク